乳酸菌を食べるのは食後が良い理由と酸の量

乳酸菌を食べるのは食後が良い理由と酸の量

乳酸菌は、お腹にはとても良い菌類です。ですので内科医などもそれを勧めているのですが、ちょっとタイミングなどには気をつけた方が良いと考えます。なぜならタイミング次第で、その菌類の効果が大きく変わってくる可能性が大だからです。

 

胃袋の中の酸が少ないタイミングを狙う

 

そのタイミングには、胃袋の中に入っている酸が大きく関係してきます。その酸は非常に強力で、胃袋の中に入ってきたものをどんどん溶かしてしまうのですね。乳酸菌としてもそれは例外ではなく、胃袋の中に入ってしまえば溶かされてしまう可能性が非常に大きいです。
ところがその胃袋の酸は、量が多い時とそうでない時があるのです。量が少ない時に乳酸菌がそこに到着すれば、胃の中で死滅しない可能性が高まってくれますね。タイミングが大事とは、そのような意味です。

 

胃酸が少なめな食後を狙う

 

ではどのような時にその酸が少ないかと言うと、食後ですね。実は人間の胃袋は、空腹状態ですと多くの酸が満たされている事が多いのだそうです。ですので空腹な状態の時にヨーグルトを摂取してしまっても、あまり意味が無いという事になります。大部分が胃酸によって溶かされてしまいますので、大腸や小腸などに届かない可能性が高まってしまうのですね。
ところが食後の場合は、話は別です。食事を取った後は胃の中の酸がそれほど強力な状態ではありません。むしろ少々弱くなっている状態ですので、食後のタイミングで乳酸菌の製品を摂取するのは、大きな効果が見込めるでしょう
考えてみればヨーグルトは、食後のデザートとして摂取をする事が多いですね。あれにはきちんと理由があった訳です。そのタイミングを考えるだけでも、腸内環境が大きく変わってくると思いますね。