乳酸菌は長生きしないという内科の共通見解

乳酸菌は長生きしないという内科の共通見解

腸内環境のためには、乳酸菌を摂取するのが効果的と言われています。お腹の中で活躍してくれますので、それをなるべく長期間に渡って摂取する方が好ましい訳ですね。
ところで内科の医院の方々は、乳酸菌に対して共通した見解を持っているようです。あまり長寿命では無いという点ですね

 

乳酸菌はずっと生き延びられる訳ではない

 

そもそも体の中に入ってきた乳酸菌は、ずっと生き延びるのはちょっと難しいのだそうです。どちらかと言うと、死んでしまう事が多いようですね。腸内に入ってきた乳酸菌は、1ヶ月も1年も生き延び続けるかと言うと、そうではないのです。死んでしまう事が多いのですね。それが多くの内科医の方々がおっしゃっている、共通の意見です。
それよりも、腸内の中で活躍をしてくれるのは「もともと」そこに住みついている菌類です。つまりお腹の中に居る善玉菌が活躍をしてくれる事で、私たちは健康を保つことができる訳ですね。

 

腸内にいる善玉菌のサポートをする乳酸菌

 

ところで善玉菌が活躍をしてくれるために、乳酸菌がサポートをしてくれる事があるのです。なぜかというと乳酸菌が生成している乳酸と呼ばれる物質が、腸内で生息している良い菌類を増やしてくれるのだそうです。悪い菌類ではありませんね。
また乳酸菌が悪玉菌の居住しづらい環境を作ってくれるのも、見逃せません。そのような環境が構築されれば、徐々にお腹の中の善玉菌の割合が増えていくのです。
ですので乳酸菌は、お腹の中に居住している「もともと」の菌類をサポートする役割がある訳ですね。しかし上記のようにちょっと死滅をしてしまう性質を持っていますので、なるべく長期間に渡ってそれを摂取する方が好ましいと考えている内科医が多いです。三日坊主ではなく、なるべく長きに渡って摂取を続ける方が良いでしょう。