アトピーを乳酸菌で撃退!

口臭改善の際に乳酸菌を活用している歯科医院も

お口の臭いに悩んでいる方々は、しばしば歯科医院に足を運んでいます。いわゆる口臭の治療を行ってくれる歯科医院もあるのですね。口臭はエチケットにも大きく関わりますので、確かにそこに行って改善を試みるのは良い選択肢だと思います
ところでそのような歯科医院では、たまに乳酸菌を活用している場合があります。

 

善玉菌を殺してしまうので抗生物質は用いない歯科医院

 

0-88.jpg

例えばある歯科医院の場合は、口の臭いを除去する為に抗生物質を用いる事もできるそうです。

 

しかしその方法の場合は、ネガティブな効果もあるようなのですね。

 

というのも口の中には、実は善玉菌と悪玉菌の両方が生息しています。腸の内部にもそのような菌類が生息しているのですが、実は口の中も同じなのですね。

 

そして前述の抗生物質は、後者の善玉菌を殺してしまうのだそうです。

 

もちろんそれは口に対してネガティブな影響がありますので、あえてその歯科医院では抗生物質を患者には推奨していないようですね。

 

乳酸菌を用いて口臭の改善を試みている歯科医院

 

0-05.png

ではどうやって口の中の臭いを除去しているかと言うと、タブレット状の乳酸菌なのだそうです。

 

それを用いると、まず口の中の歯周病菌の数が減少してくれるようですね。歯周病菌は口臭の原因にもなり得ますので、確かにそれを摂取するのは効果が見込めるかと思います。

 

それともう1つですが、前述の悪玉菌の働きを押さえてくれるのだそうです。それで口の中が徐々に善玉よりになってくるで、口臭などが改善されると見込んでいるようですね。それで抗生物質ではなく、あえてその菌を用いている訳です。

 

このように歯科医院によっては、口の臭いを何とかするために乳酸菌を用いている事があります。「歯科」と「乳酸菌」という2者には、非常に密接な関係があると思いますね

乳酸菌の製品の効果が出てくるかどうかは、やはり継続性に左右されると思います。

 

一般的には、やはり三日坊主ではあまり大きな効果は期待できないでしょう。3日だけそれを服用するというより、長期間に渡ってそれを続けるのが大切なのですね。特にヨーグルトなどはその傾向が顕著で、3日だけでなく1ヶ月ほどは続ける方が良いと言われています。

 

LG21を長らく服用しているある方の事例

 

103847.png

ところで以前にある方は、あるヨーグルトの製品を摂取するようになったようです。その方の場合は、そのヨーグルトの胃に対する効果に期待していたようですね。ちなみにそのヨーグルトは、LG21と呼ばれるタイプになります。

 

LG21というのは、腸内環境というよりも胃に大きな効果が見込めるタイプになります。乳酸菌の一種なのですが、ピロリ菌などに効果を発揮してくれると考えられていますので、最近にわかに脚光を浴びているようですね

 

そしてその方の場合は、かなり長続きしているようですね。3日のみなのではなく、もう長期間にわたってLG21を摂取し続けている状況です。

 

宅配なので長続きできるLG21

 

104002.png

ではなぜその方がLG21を長く続ける事ができているかと申しますと、宅配システムだそうです。実はある乳製品のメーカーでは、宅配でLG21が含まれているヨーグルトを届けてくれるのですね。

 

参考サイト
花粉症 乳酸菌

 

そして上記の方は、宅配になっているので続けやすいと感じているのだそうです。もしも宅配では無いならば、恐らく三日坊主で断念していたとも考えていたようですね

 

確かに自宅に毎日のように宅配されると、続きやすい一面がありますね。前述のように乳酸菌の製品は継続が大きなポイントになる訳ですから、宅配ならば乳酸菌の製品が効果を発揮しやすくなると考えられるでしょう。

 

ですのでLG21で胃を改善したいと考えているならば、宅配システムを活用すると良いでしょう

続きを読む≫ 2015/04/05 12:57:05

たいていの職種には、繁忙期があります。私の場合は、8月から9月あたりが繁忙期になっている事が多いですね。ちょっとその時期は、普段よりも気合いを入れて働く必要があります。

 

もちろん職種によって、繁忙期は違います。8月や9月と言うより、12月の方が忙しいという方もいらっしゃるでしょう。

 

繁忙期で腸内環境が悪くなる事も

 

ところで繁忙期になりますと、ちょっと体がおかしくなる事も多いかと思います。というのも忙しいので、やはり色々とストレスが多くなると思いますね

 

実際ストレスは、腸内環境にも悪い影響を及ぼしてしまう事があります。過度のストレスはお腹に対して負担をかけてしまいますので、ちょっとお通じが悪くなってしまう事例もしばしば見られます

 

参考サイト:アレルギーの方のための乳酸菌入門

 

何もストレスだけではありません。とかく忙しい時期ですので、色々と疲労がたまりがちですね。それもやはり腸内環境に悪影響を及ぼしてしまいかねません。

 

繁忙期の1ヶ月ほど前に乳酸菌を摂取

 

このため、ちょっと繁忙期の少し前の時期に備えておく事は必要だと思います。前述のように私の場合は、8月や9月が忙しいですね。と言う事は、6月や7月あたりから乳酸菌の摂取を強化するようにする方が良いと思います。

 

なぜなら乳酸菌の効果が出てくるまでの期間は、およそ1ヶ月前後と言われています。8月や9月の段階で乳酸菌を摂取しても、少々遅いかと思います。それよりは6月あたりから乳酸菌を仕込んでおく方が、繁忙期も乗り越えやすいと思われます。もちろん12月が忙しい方々であれば、10月や11月のタイミングで乳酸菌を摂取しておくのも良いでしょう

 

ですので乳酸菌というものは、「人々が忙しい時期を乗り越えられるようサポートしてくれる菌類」等と定義づけができるかと思います。

続きを読む≫ 2015/03/25 17:03:25

私たちが日常生活で乳酸菌を摂取する方法には、主に2通りあると思います。ヨーグルトとサプリメントですね。どちらもそれぞれメリットがあるのですが、日持ちしやすいという意味ではサプリメントの方がメリットが大きいと思います

 

ヨーグルトのデメリットと賞味期限

 

私はある時に、ある方がヨーグルトのデメリットに関して話していた事を覚えています。その方の場合は、ヨーグルトはメリットは大きいとは感じていたようです。ですのでほぼ毎日のように、その食品を摂取していたようですね。
ところがその方の場合は、賞味期限に関するデメリットを感じていました。あまり長持ちしないという点に、ちょっと不満点を覚えていたようですね。
ヨーグルトというのは、明らかに生の物です。乾燥食などではありませんし、日持ちするような物でもありません。どちらかと言うと短期間の賞味期限になっている事が多いので、それを購入した時にはなるべく速やかに食べる事が必要になるでしょう。それがちょっとデメリットだと感じていたようですね。
それに対してサプリメントの場合は、比較的長持ちします。商品によっても異なりますが、少なくともヨーグルトよりは賞味期限が長いことだけは確かですね。日持ちしやすいという意味で、ヨーグルトよりはサプリメントの方がベターでしょう

 

冷蔵が不要な乳酸菌のサプリ

 

またサプリメントには、冷蔵に関するメリットもあります。ヨーグルトの場合は生ですので、あまり常温で保管するべきではありません。しかしサプリメントの場合は常温で保管をしても、何ら問題はありません。ですので旅行などで持ち運びをする事も、大いに可能だと思います。
すなわち「日持ちする」のと「持ち運びが可能」という意味で、乳酸菌サプリメントの方がヨーグルトよりはベターかなと個人的には思います。

続きを読む≫ 2015/03/13 15:27:13

乳酸菌は、お腹にはとても良い菌類です。ですので内科医などもそれを勧めているのですが、ちょっとタイミングなどには気をつけた方が良いと考えます。なぜならタイミング次第で、その菌類の効果が大きく変わってくる可能性が大だからです。

 

胃袋の中の酸が少ないタイミングを狙う

 

そのタイミングには、胃袋の中に入っている酸が大きく関係してきます。その酸は非常に強力で、胃袋の中に入ってきたものをどんどん溶かしてしまうのですね。乳酸菌としてもそれは例外ではなく、胃袋の中に入ってしまえば溶かされてしまう可能性が非常に大きいです。
ところがその胃袋の酸は、量が多い時とそうでない時があるのです。量が少ない時に乳酸菌がそこに到着すれば、胃の中で死滅しない可能性が高まってくれますね。タイミングが大事とは、そのような意味です。

 

胃酸が少なめな食後を狙う

 

ではどのような時にその酸が少ないかと言うと、食後ですね。実は人間の胃袋は、空腹状態ですと多くの酸が満たされている事が多いのだそうです。ですので空腹な状態の時にヨーグルトを摂取してしまっても、あまり意味が無いという事になります。大部分が胃酸によって溶かされてしまいますので、大腸や小腸などに届かない可能性が高まってしまうのですね。
ところが食後の場合は、話は別です。食事を取った後は胃の中の酸がそれほど強力な状態ではありません。むしろ少々弱くなっている状態ですので、食後のタイミングで乳酸菌の製品を摂取するのは、大きな効果が見込めるでしょう
考えてみればヨーグルトは、食後のデザートとして摂取をする事が多いですね。あれにはきちんと理由があった訳です。そのタイミングを考えるだけでも、腸内環境が大きく変わってくると思いますね。

続きを読む≫ 2015/03/13 15:23:13

今朝は私は、あるコンビニに立ち寄りました。そして、そのコンビニの乳製品が並んでいるコーナーをちょっと見てみました。最近お腹の調子が今一つですので、そのタイプの製品に興味があったのです。そして、ある乳酸菌の製品に興味を持ちましたね

 

腸まで行き着いてくれる乳酸菌の製品

 

あるヨーグルトの製品だったのですが、大腸や小腸まで届いてくれるという点がアピールされていたのです。いわゆる胃でストップするタイプではありませんね。
ヨーグルトの特長ですが、腸に届く前に胃でストップしてしまうタイプが案外多く見られます。なぜかというと、胃の中には多くの酸が含まれています。その酸によってヨーグルトの乳酸菌が死滅させられてしまうというパターンは、とても多いのですね。
ところが上記のヨーグルトの場合は、胃袋でストップする事は無く、大腸や小腸まで届いてくれる訳です。ちなみに色々なタイプがありましたね。フルーツ入りのヨーグルトや低脂肪タイプなどと、とにかく多彩なタイプが陳列されていたのが印象的でした。

 

植物性のヨーグルトだと推理した理由

 

そのヨーグルトを見た私は、具体名を知るためにパッケージをよく見てみました。乳酸菌といっても色々なタイプがあって、LG21やR1など様々ですね。ですが、結局分かりませんでした。
察するにあのヨーグルトは、恐らく植物性の物を用いているのではないでしょうか。動物性の物ではないと思います。
動物性のタイプであれば胃袋でストップさせれてしまう事が多いのですが、植物性ならば胃袋を通過する事ができます。大腸や小腸まで届くとアピールされている以上は、やはり植物性だとは推理しますね。
どちらにしてもあのヨーグルトは、便秘がちな方々にとってはとても良いと思います。腸が荒れてしまっているので、便秘になっている事例が多いからです。私たちにとって身近なコンビニでは、このように植物性の乳酸菌の製品を多く見る事ができる訳ですね。

続きを読む≫ 2015/03/13 15:22:13

腸内環境のためには、乳酸菌を摂取するのが効果的と言われています。お腹の中で活躍してくれますので、それをなるべく長期間に渡って摂取する方が好ましい訳ですね。
ところで内科の医院の方々は、乳酸菌に対して共通した見解を持っているようです。あまり長寿命では無いという点ですね

 

乳酸菌はずっと生き延びられる訳ではない

 

そもそも体の中に入ってきた乳酸菌は、ずっと生き延びるのはちょっと難しいのだそうです。どちらかと言うと、死んでしまう事が多いようですね。腸内に入ってきた乳酸菌は、1ヶ月も1年も生き延び続けるかと言うと、そうではないのです。死んでしまう事が多いのですね。それが多くの内科医の方々がおっしゃっている、共通の意見です。
それよりも、腸内の中で活躍をしてくれるのは「もともと」そこに住みついている菌類です。つまりお腹の中に居る善玉菌が活躍をしてくれる事で、私たちは健康を保つことができる訳ですね。

 

腸内にいる善玉菌のサポートをする乳酸菌

 

ところで善玉菌が活躍をしてくれるために、乳酸菌がサポートをしてくれる事があるのです。なぜかというと乳酸菌が生成している乳酸と呼ばれる物質が、腸内で生息している良い菌類を増やしてくれるのだそうです。悪い菌類ではありませんね。
また乳酸菌が悪玉菌の居住しづらい環境を作ってくれるのも、見逃せません。そのような環境が構築されれば、徐々にお腹の中の善玉菌の割合が増えていくのです。
ですので乳酸菌は、お腹の中に居住している「もともと」の菌類をサポートする役割がある訳ですね。しかし上記のようにちょっと死滅をしてしまう性質を持っていますので、なるべく長期間に渡ってそれを摂取する方が好ましいと考えている内科医が多いです。三日坊主ではなく、なるべく長きに渡って摂取を続ける方が良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/03/13 15:21:13